女性のオス化が深刻になっている?

25歳~35歳の大半の女性が「自分がオス化している」と感じており、実際に顔の産毛処理を行っているようです。中でも特に気を付けている部位は「ヒゲ」で、しかも目立ちやすい「鼻の下」だけではなく、顎や口周りに至るまで、徹底的な処理をしているとのこと…。女性とはいえ、もはや男性並みのひげ処理です。
さらに驚くべきことに、ひげ処理を行っているという女性は、専業主婦・無職の女性に比べ、働いている女性に多いことが判明し、濃いひげに悩まされている働き女子たちの悲しい実情が浮き彫りになりました。
オス化の原因は主に生活習慣の乱れやストレス、女性らしさの損なわれた言動などにより、ホルモンバランスが崩れてしまうことにあります。過労やストレスによりホルモンバランスの崩れてしまった女性たちのなかには、男性のように髪が薄くなったり、ヒゲが濃くなってしまったという人も多く見られるようです。
現在は共働き夫婦も増加傾向にあり、ビジネスの世界で女性が活躍することが徐々に当たり前になってきました。その一方で、働くことの女性にとっての弊害が「オス化」という形で露出してしまいました。
とはいえ、ひげが生えることを理由に仕事を急に辞めるわけにもいきません。そこで「産毛ケアクリーム」を使ってひげ抑毛を習慣化するのがよいでしょう。「産毛ケアクリーム」は、気になる箇所に塗るだけで有効成分が作用し、ひげが生えるのを抑えてくれるという優れものです。

美容コラム

/pages
TOPページへ戻る