ひげを自分で抜くのはNG!埋没毛のリスクあり

口周りのひげにお悩みの女性の皆様、ついついひげを自分で抜きたくなってしまいますよね。
ですが、自分でピンセット等を使ってひげを抜いたところで意味はありません。ひげはまた生えてきますから根本的な解決になっていませんし、それどころか逆にリスクを伴うのです。
それは、「埋没毛」というリスクです。
埋没毛とはその名の通り、毛が埋もれてしまうこと。皮膚の下に毛が生えて行ってしまうのですね。当然皮膚の下に毛が生えるわけですから、その毛を剃ることができません。埋没毛が皮膚の中で長く伸びると痛みを感じたり、その部分が青ひげのように黒く見えたりします。
埋没毛を無理やり抜くと次も埋没毛になりやすくなりますので、青ひげが嫌だといって毛を抜いているとその状態が一向に改善されません。
脱毛を行うならクリニックで行うのがよいでしょう。ですがクリニックでの施術は高額な費用が必要であるため、難易度が高いです。地味ですが最も効果的にひげを薄くする方法は、「抑毛クリーム」を使い、ひげの生えるスピードを遅くする努力を積み重ねることです。

美容コラム

/pages
TOPページへ戻る